合鍵作成なら合鍵工場

ネットで合鍵注文サービス。写真で安全、簡単に。メーカー工場で作られる純正の鍵を送料無料でお届け致します

防犯対策

SNSに鍵の写真をアップするのは危険です

投稿日:

いつも合鍵工場をご利用いただきありがとうございます。
つい先日、バレンタインデーが終わり、春が少しずつ近づいてきたような、そんなことを感じる日も増えてきました。
春といえば、何が思いつきますか?新しい人や物や場所との出会いなど。新しい何かで、心が一新されるようなそんなイメージがあります。

さて、バレンタインデーや新生活に向けての引越し等など……
新しい鍵との出会いがあった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そして、ついついSNSに鍵の写真とその思いをアップしてしまったりしてませんか?
でも、SNSに鍵の写真をアップするのは、かなり危険なんです。

SNSに鍵の写真をあげるとどんな被害が起こるのか

SNSというとFacebook、Twitter、instagramなどがありますが、どれでもいいです。
第三者が見ることができるツールに鍵の写真を載せてしまうと、合鍵を作られてしまう可能性があるからです。

ここまで読まれた方で、
「鍵の写真があるなら、それを合鍵工場に転送すれば、そのアカウントの人の鍵を作ることが出来るんだな。」
と思われた方がいるかもしれません。

少し正解です。残念ですが、その写真1枚では合鍵工場では合鍵を作ることはできません。
合鍵工場では、鍵の表裏2枚の写真が必要になりますので、一枚では無理です。
また、条件にあった写真が必要ですので、SNS映えするような撮り方ではお断りさせていただくことになると考えられます。

合鍵工場では作られないから安心?

「合鍵工場で勝手に作れない写真なら安全ではないか?」と思われる方がいると思います。
実は「SNS」と「鍵の写真」という二つキーワードを上げておりますが、そもそも、今回の方法で合鍵を作るのに写真は必要ありません。

写真に写っている鍵のある部分を使えば、鍵が作れてしまうのです。

それは、鍵の番号です。鍵の番号を利用して、ネット上で鍵を作ることは、残念ながら誰でもできてしまいます。
鍵の写真がSNSに掲載されておりますので、詳しい方法は書きません。しかし、鍵番号を入力すれば、だれでも鍵を作ることは可能です。

つまり、第三者がその写真を見ただけで同じ鍵が作れてしまうのです。

被害にあわないための鍵の写真対策

では、どのようにすれば、被害を防げるでしょうか?

まず考えられる対策としては、
アカウント自体に鍵をかけて、第三者から見られないようにする。

しかし、これでは知人や友人が勝手に鍵を作れる可能性は消えておりません。
(そんなことをする人は友人だとは思えませんが……)

鍵の番号を載せない。
どうしても鍵を載せたい場合、一部分にとどめるなどをして、鍵全体をうつさないようにすることが大切です。
特に、鍵番号が写っている写真があれば、ネットで合鍵を作られてしまいます。

ただし、鍵を写真に写すことはオススメできません。
もし、合鍵を受け取って、どうしても書きたい!ということでしたら、うまいことぼやかす(プレゼントの箱だけだとか)表現を使ったほうが良いと思います。

SNSと鍵の写真についてまとめ

結論として、鍵の写真は載せないという事に限るとしか言えません。
現時点では、鍵の番号を隠せば、ネットで合鍵を作られる心配はありません。
しかし、鍵の形がわかってしまえば、作れるようになるのも時間の問題かもしれません。
現に、鍵の番号がわからない鍵や鍵屋さんで作られた合鍵でも、その写真の鍵の刻み部分を見れば、その写真から鍵屋さんであれば作れる鍵もあります。

鍵というものは、第三者に見せるものではない物です。
うれしい気持ちは分かりますが、ご自身の安全と安心の為に、鍵の写真はSNSには上げないようにしましょう。

合鍵工場では、鍵を作る人以外の方にも配慮して鍵番号での受注はしておりません。
しかし現状、ネットでは鍵番号で作られております。

間違いなく、今後いつかSNSを通じて第三者に鍵が作られてしまう事件は起こってしまうものだと思います。
未然に防ぐためにも、身近な人を助けるという意味で、もし、ご友人の方でSNS含むネット上に鍵の写真を掲載している方がいましたら、鍵の写真をネットにあげるのは危険だよと伝えてあげてください。

また、もし思い当たることがあれば、すぐに鍵の写真は削除していただくことをお勧めいたします。

-防犯対策
-, , ,

Copyright© 合鍵作成なら合鍵工場 , 2017 AllRights Reserved.