鍵の豆知識

簡単にできる良い鍵業者と悪い鍵業者の見分け方

鍵屋さんとネットに関するコラムです。
鍵のサービスに関しては、良い業者と悪い業者とはっきり分かれると思います。
ここでいう良い悪いは腕の問題ではなく、金額に対する誠実さです。

良い鍵屋悪い鍵屋

まともじゃない鍵業者

まともじゃない鍵屋さんにありがちなのが、最低金額一発勝負で、
サイトには、出張鍵開け8,000円とか、5,000円とか。
それで対応してもらえるんだと思って、よくみると+部品代とか、~と言った表示が小さくされているというとこ。
電話での申し込みになるので、そこで金額について確認しても、「~(から)」です。とさらっと言われたりします。
「具体的な金額に関しては、現場を見てから」と言われ、その後平気で3万を超える請求なんていうものもザラです。
お客様に請求する平均単価が目標になっている業者もあるほどです。

合鍵ネット販売は納期に注意

合鍵の場合は、金額ではなく、納期で取りに行くケースが多いですね。
なので、早く届くということをメインにかいてあるところには気をつけましょう。

合鍵工場の場合は、メーカーや代理店が出す正確な納期をお伝えしております。
もちろん、それよりも早く届く可能性のほうが多いのですが、ほぼほぼありえないような全てが上手く言った場合の納期は掲載しません。

が、前述のような鍵屋が多いので、おそらく納期はバラバラになっていると思います。
もちろん、理由としては、どこのメーカーや代理店とつながっているかによって、また、配送のタイミング等によっても積み重なって2,3日ごとずれてくることもありますが、それはないだろうというものも見かけることはあります。

ほぼほぼどこで頼んでも同じような納期にはなってくると思います。
5日表示と14日表示と頼んでも、実際は、両方ともに10日でのお届けだったり。

なので、信頼できそうなところに頼むのがベストです。

鍵の場合は広告に釣られないように注意


まとめますと、鍵の広告で集客し、甘い言葉でとりあえず成約させる。ということを重点的にしている業者、またサイトには気をつけましょう。
経験上、一番見分けやすいのは、ネット広告を使ってる鍵業者には要注意ということです。

これは出張作業の方で言えるのですが、まともじゃない鍵屋にありがちなのは、広告で回しているということです。
もちろん、仕事を取るためには当たり前かもしれませんが、そこにかかってくる費用こそが、~(から)の正体だったりします。

余計な費用を取られたくない、不当な表示に騙されたくないなら、広告欄は見ても、頼まないに限ります。

おすすめ記事

1

ディンプルキーとは ディンプルキーとは、鍵にディンプル(=くぼみ)がある鍵です。 従来の鍵がギザギザしているのに対して、ディンプルキーはプレートの表面に、穴がボツボツと掘られています。ピッキング対策に ...

-鍵の豆知識

© 2021 合鍵作成なら合鍵工場