鍵の豆知識

賃貸物件で鍵をなくしてしまったときに最初にすべきこと

今回は、急なトラブルの際に、知っておくといつか助かる豆知識のご案内です。
賃貸物件にお住まいの方のみが使えるのですが、知らない人が損してしまうのでご案内します。

最初にすべきことと書きましたが、これは鍵を探し終えて、見つからなかったとなったときの最初にすべきことです。
最近寒くなり、厚着になって、服のポケットも相対的に増えてくることで、いつもと違うところに入っているとか、そういうこともあるかもしれません。

それでも無かったときに、じゃあ、どうしましょう。
どこかに電話しますか?それが良いと思います。

しかし、答えは、鍵屋さんに電話するではありません。

賃貸物件で鍵なくした

では、どこにかければいいのでしょうか?
それは管理会社になります。

鍵をなくしたら管理会社に連絡

管理会社が合鍵を持っているとか、そういう可能性もあるのですが、
鍵屋さんに頼むと非常に高い鍵の開け作業。
実際は、壊して開けてしまう業者が多いので、値段にして4万円以上と考えておいたほうが良いでしょう。

ネット掲載の8千円からとかは集客用の謳い文句なので、ちゃんと確認しておきましょう。

しかし、不動産や管理会社と契約している会社がある場合、値段が最低価格でやってもらえる可能性があります。
というのも、賃貸契約時に謎のサポート代金などが取られている場合がありますが、そのサポートの中に鍵屋を含む生活トラブルの駆けつけなどが入っている可能性があります。

タダでというわけには行きませんが、最低料金の出張料金のみ(それでもある程度はかかりますが)で済むことがあります。

また、そういった契約がなくても、
コールセンターを経由する緊急駆付けサービスでは、広告料金にさらに仲介業者が間に入る為、高額になりますが、
地元の鍵屋さんとの繋がりがある不動産であれば、中抜される金額もないため、相場よりも安く抑えることができます。

それに鍵屋として立場から、不動産の紹介は、今後の繋がりもあるので、価格をふっかけにくいという心境もあるでしょう。
高額料金で不動産にクレームがはいれば、不動産としても困りますし、そういう業者は使えないという判断になるからです。

ということで、焦ってネットで探した鍵屋さんを呼んでしまう前に
まずは不動産、管理会社に確認するということを考えておきましょう。

鍵なのに鍵屋さんより不動産で良いの?

鍵屋の立場として、こういうことを書くのはどうなんだと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
不動産の生活サービスのサポートで向かう業者も鍵屋さんですし、紹介でも鍵屋さんですし、最終的には鍵屋さんに回るんですね。

ただ、そこに中抜きのコールセンターが入るかどうか、そしてその分の料金がかさ増しされるかどうかの問題ですので、
良い鍵屋さんの為にも、変な業者をなるべく避けて直接発注できる環境のほうが良いと思います。

なくさないのが一番ですが、何があるかわかりません。
なくしてしまったら、まずは不動産に連絡してみてくださいね。

おすすめ記事

1

ディンプルキーとは ディンプルキーとは、鍵にディンプル(=くぼみ)がある鍵です。 従来の鍵がギザギザしているのに対して、ディンプルキーはプレートの表面に、穴がボツボツと掘られています。ピッキング対策に ...

-鍵の豆知識
-,

© 2021 合鍵作成なら合鍵工場